ロボットとコミュニケーションがとれませんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族街まで買い物に出掛けました。この間から改札の前に立っているペッパーくんロボットが気になっています。初めて見つけた時は首をガクッと項垂れて死んでいるみたいな状態でした。次に見かけた時には何やら中国語でまくしたてていました。そして今日やっと普通に日本語を喋りながら動いていたんです。

子供達と喜んで近づいてみました。タッチパネルでペッパーくんと遊ぶを選んでみたところ、ニックネームを教えて下さいと言わたました。

一生懸命子供の名前を大きな声で言ったのですが、何度叫んでもパネルにマイクのマークが出たまま認識してくれません。

ペッパーくんの耳の辺りにマイクがあるのかと思い、耳の遠い高齢者に話しかけるように大声で名前を言ってみても認識してくれないんです。

見かねた夫が「もう終わりだよ」とペッパーくんに言った途端「もう終わりだよ、さんですね」と夫の声だけ聞き取ってくれました。なんだか子供も私も面白くない気分です。

名前を言うだけでこんなに時間が掛かっていたらちっとも楽しめそうにないのでペッパーくんと遊ぶのはもう諦めることにしました。外国語を選ぶところもあったので恐らく観光客の為にペッパーくんは立っているんだと思います。本当に必要としている人もいるはずです。

買い物に来ただけの私達が遊んでいてはいけないと思いました。でもこんな聞き取り機能じゃ観光案内も難しいと思いますけどね。

物珍しくて遊んでしまいましたが、やはりこういうのは人間でいいんじゃないかと思います。観光案内なんてパンフレットで十分です。

気がつけば普通に21世紀になっているのに思ったほどロボットって進化していませんよね。もっと動きも言葉もナチュラルで人間と区別つかないようなロボットが色々手伝ってくれる未来を想像していましたが、ロボットはいつまでたってもロボットのままだなとちょっとガッカリしました。

なんとなく車が透明な筒の中を飛んでいるイメージがあったのに全然空を飛んでいません。私がおばあちゃんになるころにはロボットが介護してくれるような時代になるのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

*