未分類

ストレス解消法にはマンガを読むのがお勧め

疲れた時には家で横になって、お気に入りのマンガを手に取ってみることにしています。最近読んだ中でも特に印象に残っているマンガは、「静かなるドン」になります。

新田たつおによって1988年の11月1日から2012年の12月18日まで連載されていた全108巻にも及ぶ任侠コミックです。

2013年度の日本漫画家協会賞大賞受賞作品になり、映画やテレビドラマなどの様々なメディアで香川照之や中山秀征を始めとする豪華なラインナップによって映像化されている作品になります。

平凡なサラリーマンとして生きてきた主人公の近藤静也が、父親の死去に伴なって関東に根城を置く組織「新鮮組」の跡目を継ぐシーンからストーリーの幕が開けていきます。

昼間の安月給の平サラリーマンが、夜の10000人を越える子分たちを率いる総長に変身するシーンが圧巻です。

義理人情に厚い突撃隊長の猪首や頼りになる貸元頭の鳴門を始めとする、個性豊かなキャラクターたちが魅力的でした。

臆病で戦闘能力の低い肘方やまるっきり役に立たない生倉にも何処か憎めないものがあり、不思議な愛着が湧いていきます。

敵対する関西最大級の勢力「鬼州組」との間で繰り広げられる、激しい縄張り争いが見どころです。

圧倒的なカリスマ性を放っている4代目の坂本健や優柔不断ながらも愚直で勇敢な5代目の沢木全次郎など、次々と出現するライバルたちが迫力満点です。

「静かなるドン」と揶揄されながらも、愛する女性の秋野明美のピンチになると一気に怒りを爆発させる場面が迫力満点でした。

静也が絶望と怒りで我を忘れた時に、人間らしさを引き戻してくれる明美の優しさには心温まるものがありました。

平凡な下着メーカーのデザイナーとして生きてきた秋野にも、次第に静也と同じようにふたつの人生を歩み始めていく展開が皮肉な味わいでした。

お互いがふたつの顔を使い分けて欺き合いながらも、心の中ではひとつに繋がって築き上げていく恋愛模様が美しさ溢れていました。

任侠ドラマが好きな方ばかりではなく恋愛ものとしても楽しむことができるので、幅広い世代の男女にお勧めな作品になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

なんでもない日になんでもないことを考え過ごせる幸せを抱え

 その日、私は目覚ましのアラームが鳴る前に目を覚ましました。特に予定もない日だったので思う存分睡眠をとろうとしたのに、結局朝の7時に起きてしまうのはやはり睡眠サイクルがしっかり整っているからなのでしょうか。ともかく私は起きてしまったので、ぐぐ、と体を伸ばします。

 今日は何をしようか、とぼんやり考えながらベッドを降り、てけてけと駆け寄ってきた愛犬を撫でました。ふわふわの毛の上で手を何度も滑らせます。愛犬は気持ちよさそうに目を細めますが、すぐにハッとして「わん」と吠えました。十数年も一緒にいればさすがに分かります。これは「飯をくれ」という催促の「わん」です。
「ご主人、起きたのか。起きたんならごはん、ごはん!」
 そんな声が聞こえてきそうなくらい、愛犬は私の周りでぴょこぴょこ跳ねました。「分かった、分かった。ちょっと待って」

 人間の言葉が分かっているのかいないのか。定かではありませんが、愛犬は私の言葉を聞くと一目散にキッチンへ走っていき、ドッグフードの袋の前で賢くおすわりをしました。

 私たち人間は日々やることがあったりなかったり、ない時は何をしようかと考えたりしますが、愛犬はきっとそんなことは考えたことがないのでしょう。彼は起きたらご主人(私)にご飯をもらい、散歩へ連れて行ってもらい、おもちゃで遊び、やることがないと寝る。疲れても寝る。ご主人のいない時だって大半は寝ているでしょう。

 私が忙しい時はそんな彼を羨ましく思いますが、同時に自分が人間であることの「役得感」を感じます。なぜなら、人間でないとこのように日々の自分の行動をたくさん選べないからです。私たちはご飯を選ぶことができますし、出かける先も自由に決められます。遊び方も無限に存在します。イタリアン料理が食べたいと思えばすぐにスマホで美味しい店を調べることができ、どうせなら友達も誘って行こうかとLINEを開いて連絡を取ることができます。

 やろうと思えばなんだってできる。だけど愛犬みたいにご主人はいないのでやることは自分で見つけて選ばないといけませんし、働かなければご飯はもらえません。対して愛犬は、なにもせずともご飯をもらえ、いつでも構ってくれるご主人がいて、疲れたらすぐに眠ることができます。

 私は自由を選べるので、たまに愛犬は家の中が世界のすべてみたいで窮屈なのではないかと考えますが、そもそも自由を選べることも知らない愛犬は今が一番幸せなのかもしれません。
 一体どちらが幸せなんだろうかと、10秒も経てば飽きるような疑問を抱えながら、特に予定のない私は二度寝のために愛犬と布団へ潜り込むのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ロボットとコミュニケーションがとれませんでした。

家族街まで買い物に出掛けました。この間から改札の前に立っているペッパーくんロボットが気になっています。初めて見つけた時は首をガクッと項垂れて死んでいるみたいな状態でした。次に見かけた時には何やら中国語でまくしたてていました。そして今日やっと普通に日本語を喋りながら動いていたんです。

子供達と喜んで近づいてみました。タッチパネルでペッパーくんと遊ぶを選んでみたところ、ニックネームを教えて下さいと言わたました。

一生懸命子供の名前を大きな声で言ったのですが、何度叫んでもパネルにマイクのマークが出たまま認識してくれません。

ペッパーくんの耳の辺りにマイクがあるのかと思い、耳の遠い高齢者に話しかけるように大声で名前を言ってみても認識してくれないんです。

見かねた夫が「もう終わりだよ」とペッパーくんに言った途端「もう終わりだよ、さんですね」と夫の声だけ聞き取ってくれました。なんだか子供も私も面白くない気分です。

名前を言うだけでこんなに時間が掛かっていたらちっとも楽しめそうにないのでペッパーくんと遊ぶのはもう諦めることにしました。外国語を選ぶところもあったので恐らく観光客の為にペッパーくんは立っているんだと思います。本当に必要としている人もいるはずです。

買い物に来ただけの私達が遊んでいてはいけないと思いました。でもこんな聞き取り機能じゃ観光案内も難しいと思いますけどね。

物珍しくて遊んでしまいましたが、やはりこういうのは人間でいいんじゃないかと思います。観光案内なんてパンフレットで十分です。

気がつけば普通に21世紀になっているのに思ったほどロボットって進化していませんよね。もっと動きも言葉もナチュラルで人間と区別つかないようなロボットが色々手伝ってくれる未来を想像していましたが、ロボットはいつまでたってもロボットのままだなとちょっとガッカリしました。

なんとなく車が透明な筒の中を飛んでいるイメージがあったのに全然空を飛んでいません。私がおばあちゃんになるころにはロボットが介護してくれるような時代になるのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1